わたしのたね。

HSPでアダルトチルドレン。コンプレックスの塊だった私が、自分を好きになって私らしい花を咲かせられるように、前向きに一歩ずつ進んでいく漫画ブログです。

HSPでアダルトチルドレン。コンプレックスの塊だった私が、自分を好きになって私らしい花を咲かせられるように、前向きに一歩ずつ進んでいく漫画ブログです。

今までの自分の体験で感じたこと、学んだことなどを書いています。
どうぞよろしくお願いします。

IMG_1077
IMG_1078
IMG_1080



絵日記ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

IMG_1075
IMG_1071
IMG_1072


親がしんどい場合、距離を置くのは大事だと思いました。


今はいい距離感を保てているので私は楽です。


絵日記ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村







IMG_1066
IMG_1068
これを書いている今の私は、お母さんのように子どもに過干渉になってしまったらどうしようと不安を感じている。

少しプレッシャーを感じている。


絵日記ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村







強制的に父と結婚することになったお母さん。
1人目は女の子が産まれ…。

IMG_1040
IMG_1041


母は自分の価値観を子どもに押し付けるような発言が多かったですが、今思うと、ほとんどが悪意があってしていることではなかったと思います。


いい子に育ってほしい、ルールを守る子になってほしい、子どもが失敗しないように、なるべく子どもを安全な方に…という願いがあり、子どものことを思うがあまり、必要以上に過干渉になったり、子どものことを否定したりすることもあったのです。


子どもを傷つけようとして言ったわけではなく、子どものためを思って発した言葉だったかもしれません。


そして、夫や義父母、ママ友、職場などでのいろいろなストレスもあり、つい子どもに当たってしまったこともあったかもしれません。


母は、十分に余裕を持って子どもの相手をすることができない状況でした。










絵日記ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

IMG_1031
IMG_1032
母は、産まれたばかりの私の寝顔をずっと見ていたそうです。



絵日記ランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村








↑このページのトップヘ