わたしのたね。

HSPでアダルトチルドレン。コンプレックスの塊だった私が、自分を好きになって私らしい花を咲かせられるように、前向きに一歩ずつ進んでいく漫画ブログです。

HSPでアダルトチルドレン。コンプレックスの塊だった私が、自分を好きになって私らしい花を咲かせられるように、前向きに一歩ずつ進んでいく漫画ブログです。

今までの自分の体験で感じたこと、学んだことなどを書いています。
どうぞよろしくお願いします。

漫画

IMG_1063
IMG_1062


人間の脳は、ポジティブなことよりもネガティブなことにフォーカスしやすい構造で、ネガティブな感情の方が長く記憶に残ります。

脳は放っておけば、不安なことや足りないこと、嫌なことを見つけ出すので、嬉しいこと、ありがたいこと、すでにあるものに目を向けるというのは意識しないとできません。

思考を変えるには、脳のトレーニングが必要です。

ネガティブなことが出てきた時も、むやみに否定するのではなく、そういうものなんだ、これも自分なんだと客観的にそのまま受け入れれば、自分の気持ち的にも楽になれる気がします。




絵日記ランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




威圧的で気に入らないことがあるとすぐ怒る父。

子どもたちにも無関心で私のことなんてどうでもいいと思っていた…。


IMG_1051
IMG_1052
IMG_1053


頑固一徹…非常にかたくなで一度決めたらあくまでも自分の考えや態度を変えようとしないさま。


頑迷固陋…頑固で視野が狭く、道理をわきまえないさま。また、自分の考えに固執して柔軟ではなく、正しい判断ができないさま。



絵日記ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






IMG_1046
IMG_1047

IMG_1043
IMG_1044
アダルトチルドレンの特徴のひとつに、親を憎んだり、否定したりしながらも、親と同じような行動をしてしまうということがあります。



絵日記ランキング


強制的に父と結婚することになったお母さん。
1人目は女の子が産まれ…。

IMG_1040
IMG_1041


母は自分の価値観を子どもに押し付けるような発言が多かったですが、今思うと、ほとんどが悪意があってしていることではなかったと思います。


いい子に育ってほしい、ルールを守る子になってほしい、子どもが失敗しないように、なるべく子どもを安全な方に…という願いがあり、子どものことを思うがあまり、必要以上に過干渉になったり、子どものことを否定したりすることもあったのです。


子どもを傷つけようとして言ったわけではなく、子どものためを思って発した言葉だったかもしれません。


そして、夫や義父母、ママ友、職場などでのいろいろなストレスもあり、つい子どもに当たってしまったこともあったかもしれません。


母は、十分に余裕を持って子どもの相手をすることができない状況でした。










絵日記ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ